住宅ローンに申し込んだけど審査に通らなかった。収入面では問題がないはずだけどいったい何が原因なのかを考えたとき、そこには消費者金融の利用が影響している場合があります。それではどのような影響を与えるのでしょうか。

消費者金融の利用を「したことがある」なら問題ない?

持ち家やマンションなどを購入するとき、人生の中でも大きな買い物をするために多くの人が住宅ローンを利用しています。必要なのは毎月安定した収入があり、返済をする分に問題がないと判断された場合です。

もちろんそこには細かい審査条件なども設定されていますが、まず最低限クリアしなければならないのは返済能力です。しかし自分では収入面に問題がなく、返済もできると考えているのに審査が通らないことがあるのです。

住宅ローンの審査に通るための条件は公開されていないので、どうしても予想で考えなければならない部分もありますが、ここでポイントになるのは消費者金融です。

もしも過去に消費者金融を利用したことがあり、しっかりと完済しているなら問題はありません。その人はすでに借金を完済しているのですから、お金を借りてもしっかりと返済できる人と判断されます。しかし現在進行形で消費者金融からの借り入れがある場合は話が変わってきます。

消費者金融を利用しているというだけで、その人の返済能力には問題があると判断されてしまうことがあるのです。

これが例えば自動車ローンや銀行のローンなら、1本くらいだと問題はないと判断される傾向にあります。しかし消費者金融でのカードローンの場合は、審査に響くことがあるのです。そのため、もしも消費者金融から借金をして返済中の場合は、まず完済・解約をしてからあらためて住宅ローンを申し込むようにしてください。

このページの先頭へ