消費者金融を利用したいけど、そのためには何が必要なのか。これはその業者のホームページを見ればまとめられていますが、一般的にどんなもの能性があります。消費者金融=闇金ではありません。それでは両者には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

法律を守っている貸金業者なのか

大手の消費者金融のことを闇金と勘違いしている人もいますが、闇金ならテレビでCMを流すことはできません。そもそもなぜ闇と付いているのかというと、それが法律に違反して営業しているからです。

闇金業者がどのように法律違反をしているのかについてはさまざまですが、その中でも代表的なのが法外な金利でお金を貸しているところです。

通常、お金を貸す場合は法律で決められている範囲で金利を設定します。しかし闇金業者の場合は、とんでもない金利でお金を貸しているのです。10万円以内なら20%くらいが消費者金融で設定されている数字ですが、闇金業者の中には数百%ということもあります。

すぐにお金を返せるなら被害も少なくなりますが、このようにとんでもない金利でお金を借りてしまうと利息の支払いばかりが続いて返済がままならなくなり、どんどん支払い分が膨れ上がってしまうのです。

ほかにも闇金業者の場合は、脅迫的な取り立てをするところもあるなど、利用するだけでトラブルの原因になってしまうのです。ちなみに法律を守っているはずの消費者金融でも違法な取り立てを行っているケースはありますが、その場合は警察や弁護士に相談をすることで対処できますし、事件として扱われます。

このページの先頭へ